おおした鍼灸院

逆子は経絡治療とカウンセリングが大切。不安や心配にも対処しつつ治療します。1990人以上の治療実績を誇るおおした鍼灸院は豊富な経験と実績で34週以降初診の方も多数来院。ご自宅でのセルフケアも教えるので遠方からの来院も対応しております。東京南青山おおした鍼灸院

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

待望の赤ちゃんを妊娠した人は、大きな喜びを感じていますが、出産や分娩に関する不安を持っている人も多いです。定期的に産婦人科のクリニックで、内診や超音波検査などを受ける必要があります。逆子は胎児の頭が母親の胸の位置にある状態です。本来は頭が下になっているので、大きな頭から出てくるのが一般的です。逆子をそのままにしておくと、下半身から出てくるため、一番大きい頭部が後になってしまいます。母体や赤ちゃんにもリスクが生じてしまいます。鍼灸院では、お灸を使って逆子を元の位置に戻りやすくする治療を行っています。病院やクリニックの検査で、逆子になっている場合は、28週までに治療を始めることで元の位置に戻りやすくなります。妊娠30週を過ぎて、胎児の体重が2000gを超えてしまうと、戻りにくくなってしまいます。鍼灸院では30週以降の胎児の場合も、元に戻った例があるので、一度通ってみると良いでしょう。逆子になる原因は不明な点も多いですが、十分な休息や睡眠を取ることが大事です。過度なストレスを溜めてしまうと、胎児への血流が悪くなってしまうので、気分転換をすることが大事です。鍼灸院では妊娠中の女性に、体に負担の少ない治療を行っています。体のデリケートな人も安心して通院ができる環境が整っています。逆子を出産するときは、リスクを伴うので、5人に1人が帝王切開をしています。なるべく自然な分娩をするために、逆子を治したい人は根気よく通うことが大事です。一人一人の体の状態に応じた施術を行っているので、心身をリラックス出来ます。清潔な個室で治療が受けられるので、プライバシーも厳守してくれます。初めての出産の時は、分娩に関する不安を持っている人がほとんどです。鍼灸院では信頼できるスタッフが在籍をしているので、女性特有の悩みを相談しやすいです。自宅で実践する逆子体操なども丁寧に指導をしてくれます。まずはカウンセリングを受けて下さい。
Tagged on: , 逆子のお灸、どこよりも詳しどこよりも治す治療院です|東京南青山おおした鍼灸院